国公立と私立医学部の違い

医学部を目指すにあたって、どの大学にするかを早めに決めておくに越したことはありません。
受験する大学を明確にイメージしておくことでモチベーションの維持に繋がりますし、学習を進める科目にも違いが出てくるからです。
国公立と私立で最も大きな違いは、入学した後にかかる費用です。

 

これについてはもちろん皆さんご存知だと思いますが、受験に関する点ではどのような違いがあるのでしょうか?
まず、国公立では必ずセンター試験を受けなくてはいけないため、それに対する学習を強いられることになります。

 

最近では私立でもセンター試験を採用する学校が増えてきましたが、
それでも二次試験だけを勉強すれば良い私立に比べて、国公立の医学部を受験する人は幅広い範囲を学習しなくてはいけないのです。

 

私立受験で注目すべきは、倍率の高さです。
国公立よりも受験しやすいため、倍率も跳ね上がります。

 

目標とする私立の医学部の偏差値では余裕があっても、実際に受験してみると実力者がたくさん受験していたなんていうこともしばしばです。
私立を受験する人は、受験科目が少ない分より深い知識や思考力を身につけなくてはいけないということを覚えておいてください。

 

国公立と私立のどちらを受験したらよいか判断がつかないという人は、医学部予備校に入学してみてください。
医学部予備校には、医学部の受験に何年も携わってきたプロが在籍しています。

 

 

皆さんの得意科目や学習スタイルなどを鑑みたうえで、受験する大学に関する的確なアドバイスをもらえることでしょう。
アドバイスをもとにしたカリキュラムを組んでくれる予備校もたくさんありますから、医学部受験に際して医学部予備校をぜひご活用ください。

医学部予備校の通信教育

医学部を目指そうと考えている皆さんの中には、予備校に通いたいと考えている人も多いことでしょう。
予備校にもいくつかの種類があり、生活スタイルに合わせて自分の学習の助けになるようなものを選ぶことが大切なのです。

 

今回ご紹介するのは、通信教育を行っている医学部予備校です。
医学部の予備校へ通うために、寮に入る生徒も多く存在します。
しかし、すべての生徒が寮に入れるわけではありません。

 

家庭の事情や経済的理由によって、予備校の近くにはいけないけれど医学部入学のためにステップアップしたい人にこそ、通信教育がおすすめなのです。
パソコンを用いれば、予備校の授業をオンラインで好きなときに受けることが出来ます。
繰り返し見ることも可能なので、理解を深めるために復習したいときもこれで安心です。

 

通信教育のデメリットとして、講師や友人との交流が少ないという点が挙げられます。
この点に関しても、ほとんどの通信制医学部予備校では問題の添削や豊富な副教材によって補えるのです。
また、予備校に通いながらも自分のペースでやってきた勉強を続けられるという点も魅力的です。

 

現在は高校生という人も、通信制医学部予備校であれば部活や学校行事と並行しながら、高いレベルの学習を進められることでしょう。
忘れてはいけないのが、通信制医学部予備校は一般的な医学部予備校よりも安価で通うことが出来るという点です。

 

皆さんの意欲があれば、通信制医学部予備校で合格を勝ち取ることも、夢ではありません。
自分の生活スタイルに合っていると感じたら、通信制の医学部予備校に申し込んでみてください。

更新履歴